読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PleasanT

特にないよ!

不審者に見える人

少し変なだけで、中年の特に男性は不審者に見えてしまう私です。

前回くらいの日記にて
ガス会社変更に伴う初期点検が行われるはずでしたが
待てど待てども来ませんでした。

じゃああいつは何だったんだ。
幻かエイリアンか何かか。

何かだとするなら不審者に相当した。

点検の為に都合のいい日を聞いておいて来ない事態が発生し
ガス会社変更自体がないのかもしれないと思ったけど
うちと同じ封筒が他の住人宅、ドアポストに挟んであった。

その封筒には
早く電話くれないとガス止めちゃうぞ❤︎
という、警告が詰まっていました。

そちらのおじさんに点検をお願いしたのに
来なかったじゃないか。
なんて半ば腹立たしくも思いながらも電話。

翌日の点検が決まり、電話が終わる頃

再登場したおじさんがモニターに写っていました。

また来たの。

夜勤だからもう少し寝ていたかったのに。

おじさんは点検日の調整に来訪したが
既に電話した事を伝えると、
点検日を確認してきたのでサクッと報告。

不審者かもしれないと思っていた事を忘れ
ドアは閉め終わっていました。

悩んで数分。

取り敢えず職員である事を確かめる事にした。

再度電話。おじさんの説明。
訪問後に電話があったとの事でどうやら職員。

それならいいのです。不審者かと思いました。

というと、慌てた受付の女性は

こちらの職員で間違いありません。
誠に申し訳ありませんでした。

と述べ、
ちゃんとマニュアルをお持ちなのだなと
思いました。

敬語使える人は素敵だなーと思います。