PleasanT

特にないよ!

ブロークンハート症候群

別名、ストレス性心筋症。

失恋とか悲しい事があった時の心が痛むアレ。
ブロークンハート症候群というのだね。

胸の痛みや呼吸困難など心臓発作と似た症状。
そういった症状は時間とともに消失。

通常の心臓病のように、
心臓にダメージが残ってしまうようなことはない。

特に治療をしなくても、数週間でほとんどの人が治る・・・・って
思ったより時間が必要でビックリだね。

強いストレスを受けると、心臓にはアドレナリンなど大量のストレスホルモンが流れ込む。
これによって心臓に血液を送る動脈が狭くなるよ、と。

ストレスという攻撃を受けた心(心臓)が
痛むのは
戦闘中だという事か。

心臓がキュっとして
苦しいよー痛いよーってなってるときに

意識的に援護して
心臓をパッとしたいなーー。


長期戦で病気になったら壊れたって事かー。
病はストレスからってこういう理由なのね。

少しでもイラっとしたら
ストレスホルモン出ちゃうし
不快を感じてる場合じゃない。


みたいです。